« 上一篇下一篇 »

カレンダー時計知多少

 普通ムーブメントに増加カレンダー機構が構成カレンダー時計、カレンダー時計は腕時計の複雑な機能の一つを提供するために、さまざまな伝統的なカレンダー表示、例えば日付曜日、月、年など。は、日常生活の中で私達に接触して、カレンダー表示の腕時計は多くて、文字盤に見えるカレンダーは難しいが、カレンダーも分の種類、異なった種類の暦表制作複雑さも違う。


ありふれたカレンダー窓を含む日付・曜日、月、年や月が等しい機能。カレンダー時計を中心に窓を開けて、針、小さい文字盤などによる展示カレンダー。パテックフィリップのカレンダーによって時計の分類から、カレンダー時計主に下記の4種類の:


一、簡単デイトナコピー


透過ウィンドウを表示や針毎月1~31日の日付数字。は小月(は30日)と二月終瞭時には、必ず手動調節の日付。通常の状況では、簡単にカレンダーダイヤルで表現してカレンダー窓。最も一般的な例はロレックスのカキ式恒动シリーズの腕時計、3時位付きルーペのカキ式表人記憶。


二、チェリーニコピー


カレンダー表示を含む週間、日付と月によると、窓を開けてあるいは指針に読ませる時やすく設計。フィリップは、1996年に特許の取得の完備しているカレンダー表示技術が、うるう年のため、毎年は二月終瞭時に一度手動調節。


三、万年暦


機械で、テーブル怽や万年暦表は復雑なタイプの表に属する。そして万年暦の表は処理閏年日付の問題、デザイン面ハードルが高いので、たくさんの表項を設け閏年表示。月の変化を考慮を含む(閏年月)、表示できるから2100年(されない400整除の次の世紀)年。今は、Franck Mullerと名乗るそのAeternitas腕時計を本当の意味で「万年暦」機能、すなわち逢100年と400年もいらない調整と機械の奇観。


四、長い万年暦


もし既存の暦はこんなに複雑、うるう年、あるいは100年少なくないはずの閏年実現するには万年暦や長い万年暦も難事。問題は、4年ごとに1つの閏年を迎えるごとに100年がうるう年400年ごとにひとつ、また多めの閏年を3300年後、私たちはまた少なく1つの閏年。更に厄介な規定があなたの一生が、再来世、来週は来世……1000年、1日、1万年以上2日、10万年後も4日、100万年後、また1日の、そしてこの誤差は果てのない。