« 上一篇下一篇 »

林俊傑同型リチャードミラーRM011ブラックKite

リチャードMille RM 2011ブラックKite飛んで帰って、2012年発売カウントダウン腕時計を採用した、リチャードミラー経典の樽型設計、もちろん、精巧な外形の腕時計機能面でもいずれ劣らぬ。絵の中から見苦しくない腕時計は飛んで帰ってカウントダウンの機能のほか、腕時計も提供してろくじゅう分でカウントダウンと日付によると、月表示機能。盤面全体から黒がメインなので、腕時計でじゅうに点で瞬時に半レベルの日付の赤枠表示窓口、はっきり読み。時から5時までの間の位置にアラビア数字の月表示窓口といえば、この設計の全体的な効果は明らかに見えるが、も増えた実用的な機能。腕時計の9時位置に提供したろくじゅう分でカウントダウンを炭素繊維材質は、スケールでも蛍光の処理を経て、これもこの腕時計の最も強力な機能の一つ。



この腕時計の最大のスポットライトモーあまりその飛返カウントダウンの機能は、事前に停止メータークロノグラフ、ポンプ4点と5時の中間に位置するボタン、すぐ直接重設計時メーター、この機能はもっぱらパイロットを設計する過程、煩わしい操作が簡単に、復雑。



腕時計を搭載し011-S RM自動的にムーブメントは、チタン合金制の基板を高めることができて、板や摆轮全体の堅牢度も保証した表面の平滑度、この歯車係の良好な運転はかなり重要な。チップサイズを30.30x32.75ミリ、発振週波数は毎時28800度、動力貯蔵ごじゅう時間に及ぶ。