« 上一篇下一篇 »

時計にチェーンするのはどうだ

 


 時計にチェーン方式は2種類に分けて、1種は手動で鎖と呼ばれる手動表)で、1種は自動上の句と呼ばれる自動表)。両者の違いは、自動的に利用できる表主日常活動の中で手首.体などの移動によるパワー自動内部のバネにエネルギーを蓄え、秘密はムーブメントに所持したがスイングする分銅。

手の上のチェーンは表の主な自分の回転テーブルによって、中の歯車はバネに貯蓄してエネルギーを貯蓄して。

は一部の特殊設計の自動表は手動でチェーン以外、ほとんどの自動表は手動でチェーンも自動的に。

手動のチェーン腕時計、あなたが連続回転すると感じて、抵抗が大きくなるまで。よく私に聞かれて、あれはいったい時計にどのくらいの輪をあげますか?この問題は正しい答えのため、各モデル表のバネ.歯車デザインが違うのに加え、一人一人の幅を回転表も違う。

手は「動力の貯蔵表示」がない場合、もっと多いのは時計主自身の手触りによる。だから皆手動表を購入した後、経験のある販売.表友をあなたに満ち、そして君をみて手触り、バネのフィードバック。

早期の懐中時計のぜんまい.材料の採用のは高炭素鋼、トルク減衰速いそして金属疲労を交換して、マルタ十字輪施錠なかったら、いったん不正使用がによるバネ断裂。今のバネに替えたステンレス.コバルト基材は大いに改善した性能が断裂している可能性がある。例えば、手動でチェーンには感じにくい回転、ある友達以上を保存するために表少しエネルギー続ける回転。この時、バネは破壊のリスクが存在する。発条の中の歯車が、バネの中の歯車が。だから、絶対にマニュアルにチェーンされてないといけない状況下にチェーンを続けることはできない。

手動表を着用、手首まで、皆は新たにチェーン、最良の選択は、毎日同じ時間を確保するため、腕時計、パワーリザーブ十分な場合は最優秀の運行状態。もちろん、ロレックスコピー時計の精度を特に気にすることはない場合は、この1本は見落とすことができます。